« パセージ第四章 | トップページ | 9月例会報告 »

8月例会報告

 8月の例会には6名が参加しました

 まず1-L育児の目標を読み返し、
 自立について話し合いました
 人は社会の一員として、
 誰も一人の力だけでは暮らせないので
 他者に援助や協力を適切に求めることができるのも
 自立する能力の一部です。
 では、援助や協力を求められた人は、
 どう応じるのが自立した姿でしょうか?

 援助や協力を求めたけれども断られた場合には、
 どう対処するのが自立した姿でしょうか?
 「課題の分離」や「共同の課題にする」
 のページを読み返しながら考えてみてください
 エピソードはお盆で帰ってきていた息子さんに
 「壁に時計をかけておいて」と頼んだのに
 やってくれていなかったときのこと
 壁に時計をかけておくのは、
 このエピソードでは「親の課題」ということで
 息子さんは共同の課題として引き受ける返事をしていたのだけれど
 期待したタイミングでやってくれていなかったために、
 マイナス感情を持ってしまいました
 仕切り直してもう一度共同の課題としての実行を問いかけ
 スムーズに物事が進むように、
 自分はネジを持ってくるなどで協力すれば
 マイナス感情を使わずに
 主張的に依頼ができそうでした(^^)
 次回の例会は9月30日土曜日午後1時半からです
 ご都合をつけてぜひお集まりください

|

« パセージ第四章 | トップページ | 9月例会報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167293/65924914

この記事へのトラックバック一覧です: 8月例会報告:

« パセージ第四章 | トップページ | 9月例会報告 »