« 7月例会報告 | トップページ | 9月例会報告 »

8月例会報告

 8月の例会には6名が参加し、エピソードを二つ扱いました

 一つ目のエピソードは、
 近所の小学校二年生の子どもさんが
 提供者の息子さんのことを「許さない、殺してくれたら許す」
 とオソロシイ発言をした場面について。

 いつものように、「♪どんな時でもプラスを見♪」で、
 その子どもさんの力を確認
 (引き下がらない主張力、難しい言葉を使う知力、
 普段は挨拶をしてくれる社交性など)して

 2-Lのどれにあたるかを考えました。
 適切な行動を知らないのだろうか?、
 適切な行動をする勇気を失っているのだろうか?、
 不適切な行動で注目や関心を得ているのだろうか?、
 相手に勝とうとしているのだろうか?。  

 もしも彼の不適切な行動に注目しないとしたら、
 どうするのだろう?。
 「不適切な注目をしない」のと「無視する」の違いを再確認しました。
 皆さんはこの両者の違いを、実感として体験納得しておられますか?

 感情を伴う不適切な行動は、
 「ついしてしまう」とか「衝動的に言ってしまう」とかではなく、
 目的があるのだということも点検しました

 二つ目のエピソードは、
 子どもさんが本を散らかしてしまわないように
 家具を工夫してDIYしようとした夫さんを
 引き止めるような発言をしたところ、
 「なんでそんな言い方するの!」と夫さんが応じて、
 二人で感情的になってしまった場面について。  

 
 ご自分で考えて、人任せにせず
 自分で解決しようとする夫さんのプラスを確認
 
 夫婦で目標をすり合わせるときに、
 どちらが正しいかを争い合うピンポンゲームに
 ならないための工夫を考えました  
 
 夫婦関係の場合は相手が子どもの場合と違って、
 「何を学んでもらうか」という構えで相手に向かい合うのは、
 権力闘争に陥るリスクがあります。
 
 「何を理解してもらうか」
 「目標を一致させるための妥協点をどう探すか」
 という構えがおすすめです
 
 
 8月は27日土曜日午後にもう一度例会を行います
 9月の例会は24日土曜日午後1時半からです
 日常の小さなエピソードを持ってお集まり下さい

|

« 7月例会報告 | トップページ | 9月例会報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167293/64092454

この記事へのトラックバック一覧です: 8月例会報告:

« 7月例会報告 | トップページ | 9月例会報告 »