« 子供の怒りにどう対応するか | トップページ | 12月例会報告 »

11月例会報告

11/30(土)の例会には6名の参加がありました
今回はテキスト8章の「子供の味方でいる」と「不必要な介入を避けよう」を読んで話し合いました

「私はあなた(子供)の味方です」と言葉に出して決心すること
(メンバーさんが「言霊(ことだま)が動く」とおっしゃいました。私も好きな言葉です)
そしてその決心を自分なりの表現で子供に伝えること
課題の分離をして、けれども放り出さずに、賞や罰で子供を動かそうとするのではなく、協力者として「自分に出来ることは何か?」を考え続けること

親の仕事は、子供が社会の一員として自分らしく成長するのを手伝うことです
それには時間がかかります。
慌てることはありませんし慌ててはいけません。

そしてそのための具体的な行動が
「任せて見守る」
「気になったら問いかける」
「仲間として話し合う」の三つです

「良い悪いを親が決める」
「気に入らないので問い詰める」
「タテの関係で言い聞かせる」
との違いを忘れないようにしましょう

次回の例会は12月21日(土)に飯田中央診療所で行います
いつもと違って午後4時から行い5時半頃から夕食会に出かけます
例会だけ、食事会だけの出席も歓迎です
普段来られない方も遠慮なくご参加下さい!

|

« 子供の怒りにどう対応するか | トップページ | 12月例会報告 »

育児」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
「任せて見守る」
「気になったら問いかける」
「仲間として話し合う」
この3つはできているようでなかなかできないものですよね。
私は任せて見守り続けるということが、最初はなかなかできませんでした。
けれど、それができるようになった今、本当に子供の表情も変わったし、大切なことだなぁと感じています。
いつか私も参加させてください。

投稿: 木下 暁子 | 2013年12月 2日 (月) 21時27分

木下さん、お久しぶりです.
FBでお見かけするのでそんな感じもしませんが(^.^)

私は逆で、というか
任せっぱなしのほったらかし、に一時傾きました

最近ようやく、
陰性感情をもたずに子供に問いかけることが
できるようになった気がします

チャンスがありましたら例会ご参加下さい!

投稿: にんにん | 2013年12月 3日 (火) 08時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167293/58683571

この記事へのトラックバック一覧です: 11月例会報告:

« 子供の怒りにどう対応するか | トップページ | 12月例会報告 »