« 10月例会報告 | トップページ | 11月例会報告 »

子供の怒りにどう対応するか

例会のメンバーさんから
「子供が怒って自分や妹に手が出るときにどうすればいいか?」
という質問をいただきました

マニュアル的な対応はないのですが、一般論としてのことを記してみます

1)怒りに対して怒りで応じると、
権力闘争=どちらが正しいかの争いになって
『私たちは仲間』ではなくなってしまいます
2)怒りに対して無視をしたり、離れてしまうような対応は、
「あなたなんか知らない」というメッセージになり、
やはり『仲間』ではありません

怒りに気づいたら、とにかくストップ!。いったん行動を止めましょう
それから、お互いに冷静になるためのクールダウンが必要です
それは普通は”落ち着くまで離れる”というやり方が簡単ですが、
2)の「知らんぷり」にならないように注意が必要です
小さな子供さんなら”後ろから抱きしめて待つ”のもお勧めです

まず、お互いに怒っていないときに話し合いを提案します。
いつものように「ねぇねぇ、ちょっと相談なんだけど・・」から始めて下さい

「できるだけ色々なことを話し合って決めていきたいこと」
「それでもお互いに腹が立ってしまう場合もあること」
「そういうときは気持ちをしずめるために少し時間をとりたいこと」
などを提案してみます

「お母さんはこんな風に考えるのだけど、どうかなぁ?」と。
「どうかなぁ?」が大切です。必ず子供さんの意見を確認してね。

同意が得られたら、そのための手段として
「気分が落ち着くまで別々のお部屋で静かに過ごすのはどうかなぁ」とか
「後ろからお母さんがギュッとして落ち着くのを待つのはどうかなぁ」とか相談します。
他にもそれぞれの親子なりの方法を考えてみてくださいね。

提案が受け容れられたら感謝の気持ちを伝えましょう「ありがとう!(*^^*)」

提案がまとまらなかったら・・・
「なかなか良い方法が見つからないけど、また一緒に考えてみてくれる?」と次回まで先延ばしです。

さて、対応が決まって、いざ興奮し始めたら実験です。

冷静に、「この前お約束したみたいにするね」と実行します。
お互いがクールダウンして仲間に戻ることが目的です、忘れないで。
目的を「子供に判らせること」など間違えると感情さんがでてきて
どちらが正しいかの”権力闘争”になりますので気をつけましょう

そこからさきはどうなるか、やってみないと判りません。
やってみて、また結果をお話しください。

もしも上手くクールダウン出来たら
”ありがとう (*^^*)”のフィードバックを忘れないようにしましょうね!

|

« 10月例会報告 | トップページ | 11月例会報告 »

育児」カテゴリの記事

コメント

怒りに陥るなあ。
相手が思い通りにならないと怒りに至るのはなぜ? そういう生き方を選び続けてきたからなのでしょうね。

「怒りに気づいたら、とにかくストップ!。いったん行動を止め」るんですが、確かに「知らんぷり」になりそうです。対策として再開時刻を提案するってのが私の考えです。事前に対応法を話し合ってないから。

大人同士では、怒りに気付いた方が気持ちを切り替えているんだろうなって(大人の対応ってやつね)、ちょっと思いました。小林でした。

投稿: すこんぶ | 2013年11月10日 (日) 18時08分

すこんぶさん! コメントありがとうございます(^.^)

怒りは相手を動かすにはとても有効な手段ですものね
どうしても使いたくなります
私も日々の暮らしの中では、怒りを使いそうな自分に折々気づきます(・_・;)
怒らないで相手に対するキーポイントは
私の場合は、「協力」という目的を思い出すことです
子供とにせよ、職場で同僚とにせよ
「この人と何を協力するんだったっけ・・?」
と振り返ると、怒る必要がないことと
その時に自分がするべき代替案に思い至りやすいです

投稿: にんにん | 2013年11月13日 (水) 15時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167293/58476462

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の怒りにどう対応するか:

« 10月例会報告 | トップページ | 11月例会報告 »